きどっきょ そじょみ おでぃえよ

もう、5月ですね。
という訳で、3月のお話をしましょう。

世間が春休みに入った頃、僕は韓国へ旅行に行ってきました。  一人で。
成田空港に着くなり、あちこちで出国ラッシュのなか、僕もその列の一部に並んでいました。

行き先は、釜山。

仕事も3月いっぱいで終わり、残った有給を使い時間も若干出来たということで、最終出勤日の次の日に成田へ向かい念願の海外一人旅が実現しました。
しかし、やはり経済面のことを考慮したところ、最終的に釜山に決定するに至ったわけです。

パスポートも今年の11月までまだ使えるから、空いたページにばんばんスタンプ押しちゃってください!といわんばかりに無事出国。

こうして、僕の「釜山3泊4日きどっきょそじょみおでぃえよツアー」が始まりました。

Day 1
この日は夕方6時にホテルに到着。
なんせ、言葉が通じないものだから怖くてこの日は一度も外に出ませんでした。
部屋のテレビを観ていたのですが、韓国のテレビはチャンネルが充実していて、飽きることがなく夜が更けていきました。なんて、もったいない・・。

Day 2
僕が釜山を選んだ理由のひとつとして、日韓の歴史を韓国からの視点で学んでいきたいというのもあって、そのことが知ることが出来るという釜山博物館へこの日は行ってきました。
日本語翻訳機が借りられるということを後から知るというハプニングもあったけども、無事に全ての展示品を日本語でまわれることが出来ました。
恐らく、昔の日本軍が朝鮮半島を支配していた頃のリアルな状況をここまで知ることが出来るのは、日本ではなかなか無いのではないかと思うくらい貴重な所であり、自分の日本人としてのあり方を改めて考えさせられる時でした。

Day 3
さすがに3日目ともなれば、地下鉄も大体慣れてきました。1日フリーチケットを買って、いざ海へ!なんとなく、江ノ島付近の海岸にもそっくりなウォーターフロントは水族館もあり、せっかくなんで入ってみました。
e0079435_23561447.jpg

これはサメの水槽のトンネルです。生き物以外にも所々仕掛けがあり、日本の水族館よりも多少アトラクションチックなものも感じました。

美味しそうにごはんを食べているサメの姿を見て僕もお腹がすいてきてしまったので、近くにあった食堂でキムチチゲをいただくことに。
e0079435_04972.jpg

味はすごく美味しいんだけども、想像以上の辛さである意味元気が出ました。

しかし、博物館に行った頃から思ってたのですが韓国の人達はとても優しいですね。無理なお願いをしても、何ひとつ嫌な顔せずに笑顔でみんな対応してくれました。
例えば、これとか・・
e0079435_08195.jpg

この頃ちょうど雨が降り始めて、傘も無いのに撮ってくれたお兄さん、ありがとう。
この日は夜になっても、ホテルに帰れるギリギリまで観光していました。

Day 4
いよいよ、帰国です。なんか、昨晩から廊下で騒いでいる連中がいるなと思ったら、日本人であり、彼らが朝にロビーの大理石の床に平気でおにぎりの米をぼろぼろこぼしながら騒いでいる光景を見て、朝からテンション下がりっぱなしでした。
気をとりなおして、空港でチェックインし、無事に日本に帰ってきました。
僕はいつも海外に行って帰ってくると逆カルチャーショックに陥り、日本での日常の光景がちょっと嫌になることがよくあるのですが、今回もそうでした・・。ま、1日で治ったけどね。

まだまだ釜山だけでもまわりきれなかったことろがいっぱいあって、また機会があったら大韓航空さんにお世話になって行きたいと思います。
すごく、楽しかった( ´^ิ益^ิ`)ぜ!
[PR]

by ryoken84 | 2008-05-01 00:42  

<< 僕をチャペルに入れて下さい。 ねぇ、3週間ハネムーンのふりを... >>